李錦記調味料グループ、香港食品委員会より「食品イノベーション大賞」を受賞
2017/06/13

商品イノベーションと開発力、クリエイティブ販促戦略といった面で高く評価され、李錦記調味料グループが香港食品委員会より「食品イノベーション大賞」を受賞しました。李錦記は初受賞の企業のひとつでもあります。 香港食品委員会の陳建年主席は「李錦記は常に『思利及人(思いやり)』と『永遠創業精神』という経営理念を貫いています。オイスターソース、しょうゆといった主力製品の拡売だけではなく、購買層を広げるために、新商品の開発にも力を注いでいます。」と語りました。


李錦記調味料グループのグローバルマーケティング部の何婉霞副総裁は「李錦記は中華飲食文化を広げることに努めています。香港食品委員からの賞賛をいただき、大変光栄に存じます。これは世界中のお客様のために、ハイクオリティな調味料を提供するのに私たちが日頃努力していたことへの証ともいえます。『100-1=0』という経営理念、イノベーションとマーケティング戦略で、お客様のニーズを満たすように心掛けています。」と述べました。


香港食品ブランドの知名度向上をめざし、イノベーションを起こした企業、または優秀な商品開発を行った企業などを賞賛することを目的として、2017年香港食品委員会より「食品イノベーション大賞」が設立されました。2016年、香港食品委員会より李錦記グループ李文達会長が初めて卓越成果賞を受賞しました。優秀なリーダーシップ、抜群なビジネスセンスと品質へのこだわりで、李文達会長が「李錦記」を世界に広く知られるブランドに手掛けたのが受賞理由です。同時に李錦記は「伝統百年食品ブランド」を受賞致しました。

  • 李錦記調味料グループのグローバルマーケティング部の何婉霞副総裁は食物及衞生局の高永文局長より「食品イノベーション大賞」を表彰いただきました。
  • 香港食品委員会「食品イノベーション大賞」